忍者ブログ
[376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Empty Eyes」

…重いわぁ(注:誉めてます) 待ちきれなくて、字幕版で先に見たんですけど、その余りの重さに落ち込んで、なかなか感想書けないまま時間が経ってしまったので、結局吹替版も視聴。本当、ベガスは素晴らしい。

被害者の数もですけど、やはりサラが、まだ息のあった被害者を看取り、それが尾をひいて判断を狂わせた…ってのが「重い」訳で。勿論、被害者の1人がウォリックの幼馴染だったことや、ホッジスが被害者遺族に凶報を伝えなければいけなくなった…ってのも重かったですけど。

ホッジスが「いつもと違う」ってのもすぐ気付く辺り、本当サラは鋭い(あのシーンの2人、いいですねぇ) そんな鋭敏かつ繊細な感性の持ち主ゆえにこそ、自分が看取った被害者に入れ込んで、彼女を救えなかった分、後でそれと知らず犯人に親切にし、落ち込む…。こんないい人がなんで、こんなに傷付かなあかんの?と、本当犯罪の跋扈する世が憎くなる…といいますか。でも本当、彼女みたいないい人に看取って貰ったっていう事実は、キャミーを愛してた人達にとって、せめてもの慰め…ですよね。

まさか、禁煙出来ずにバーに寄ってタバコを買ったのが命取り…とは。勿論、全部あの、犯人が悪い訳ですけど、それにしても…。あちらには、子供が気軽にタバコ買える自販機なんて、「言語道断」ってことで無いんでしょうし(タ○ポなどという、購買者にとってまどろっこしいシステムを、「よし」とはしないでしょうし) 対人でしか買えないことがまさか、こんな悲劇のきっかけになろうとは。勿論レベッカも…ですが、他の、巻き込まれた5人が層倍に気の毒。彼女が1人暮らしだったなら、ここまでの被害者数にはならなかったでしょうに(勿論、1人ですら、殺されていい訳ではないですが)

グレッグの事件は、結局示談で警察側が金を遺族に払うという。グレッグ、可哀想に…。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]