忍者ブログ
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「CSIの汚名」ってんで、どんな大陰謀に巻き込まれるねん!と思いましたが、買収された模範囚に塩酸?こぼされて証拠テープパァですか・・。いや、十分大事(おおごと)ですけどね。予算の都合で仕方なく・・ですが、買収されるような模範囚を使わなきゃいけないところが辛いですね。

で、このことで噛み付きまくってくるリックから、徹底的にデルコを庇う・・「俺の責任だ」と言い切るホレイショが頼もしい~素敵~。デルコも、事件に気付いて出来る限りの処置をすばやく行ってて、頼もしくなってきたなぁ~と。最後、デルコ「庇ってくれてありがとう」ホレイショ「当然だ」 あぁ、ホー様素敵過ぎてクラクラ!たとえ(自粛)がいなくなってこの職場がギスギスし出したとしても、あなたの運命(?)のたどり着く先を見届ける為、この番組見続けるわよ!

被害者のAVで、隠しコマンド(っていうんでしたっけ)を易々と見つけ出すタイラーが、「お前、慣れ過ぎ・・どんだけこの手のん見てんねん!」という感じで面白かったですね。そういえば、冒頭で被害者の写真撮ってた(←あかんやん)制服警官組に、ちょくちょく出てくる東洋系っぽい顔のハゲがいましたね。前に名前呼ばれてましたけど、なんだったか・・。指紋の黒人男性、文字解読の白人女性とか、なかなか名前が覚えられない・・メモるようにしようかしら・・。

スピードルと、被害者の同僚女優サラ(本名)のささやかな交流も微笑ましく。公園で、下衆なファンから彼女を庇ってあげるスピードルがかっこいい。せっかくいい感じの人と知り合いになれたのに、事件の関係者だからと深く付き合って貰えない・・ってのは、サラもかわいそうに。

最後、被害者の死体安置所の名札を、ポルノ女優としての芸名ではなく、本名のに差し替えてあげるホーたん(優しい)

これで第2シーズン終了。9月に第3シーズンが始まるまでマイアミはお休みということで、ほんのしばらくの間ですけど寂しい~。・・・とか言いつつ、代わりに連続放送の始まるベガス見て、ウォリックや虫主任を愛でてるかもしれませんが・・。

PR

盆休みのおかげで、ビデオ録りだめがちだったのが追いついた・・で、放映まで待てないぢゃん~(←今日18時放映ですけど・・)ということになり、「教えて!CSI」に付録でついてたDVDで見た訳なんですが。

ず~と、タイトルとかの字幕が消えないんで超うっとおしい!しかし、乗りかかった船=事件の起きたCSIを、途中で見るのを止める訳にもいかず、そのまま見続け。

両親を惨殺された少女に、背広をかけるホレイショ。上がシャツだけってなんか新鮮~(シーズン1の最初の頃は、シャツだけの格好も多かったような気がしますが、最近はもっぱら、きっちり背広着てたので) その後、犯人がニューヨーカーだと分かって出張後は、寒いとこなんでコート・・これまた新鮮~。

NYにいくと、ホレイショもあの、青色に染めあげられる(笑)訳ですが、似合いますね・・さすがNYっ子(←カルーソが)

そしてNY面子な訳ですが・・吹き替えがいつもと違う~!概ね許容範囲内でしたけど、ホークス先生がちょっとワイルドな吹き替えで、普段の理知的なのに慣れてる分、違和感ありあり~というか。あとダニーが眼鏡してないのも変な感じ。勿論素顔もハンサムですけど、やはり「眼鏡ハンサム」な彼の方が見慣れてて好きだな~と。

人違いで両親殺されただなんて、ローラ(娘)気の毒過ぎ。勿論、両親が怨恨で殺されるような人でなかったことは証明された訳で、そのことは多少、救いになるかもしれませんが、それにしても・・。

犯人宅のあるビルへ、ホーたん&マック以下、NYの警官達が行くシーン。道路渡る前から銃抜いてる・・気ぃ早過ぎませんか?(笑)

最後、ホレイショに別れの挨拶する時のマックの左手には結婚指輪。この頃、奥さんの設定はまだ、固まってなかったんでしょうかね。



で、字幕版で次姉と一緒に見直し。

ホレイショがNYで青色に染めあげられると、2人して「ホーたん染まっちゃったよ!」「元に戻るの?戻るよね?」と、(分かった上で)大騒ぎ(笑) こういうのは複数で見る楽しさだよなぁ・・というか。

ホレイショが、ローラに「犯人は私が捕まえる」と約束するシーン・・本当に「I(私)」って言ってるんですね。「We(私達=警察)」ではなく・・(笑)

それにしても、「マイアミとNYが一緒」というと必ず、「『カクレンジャーVSボウケンジャー』みたいなもんか?」と、東映戦隊モノに例えるのは何故なんですかマーさん(←次姉) しかも微妙に時代ズレてません? ちなみに本当にカクレンジャーが出てるのはNYです(ドンちゃんの吹き替えがカクレンジャーのサイゾウ役の人)
狙撃されそうになったラップスターをかばって押し倒すホレイショ!「ひー、こんな阿呆かばってホーたん撃たれたらどないすんのよ!」という感じでしたが、無事で何より。押し倒す=誰かと抱き合うシーンは久しぶりで(前に金持ちの奥さんかばってた時以来か?)、乱れた前髪とあいまってちょっと色っぽかったり(笑)

解説者の車についてた破片を、ホーたん一瞥するなり「脳」と断言!やはり死体見慣れてるから・・?

ライブで目立ってた女性を「素敵なお姉さま」でしたっけ。スピードルのあの言い方が面白い・・あそこらへんは吹き替えの妙技と言うべきか。

「検死室の怪談」が、現実になった・・死体袋の中の遺体が実は生きていたってのにはびっくり。その後の、木に突き刺さってた遺体にもびっくりでしたが。

今回の刑事さんはトリップ・・ってかフランク。イェリーナだとホレイショがらみで、ヘイゲンだとカリーがらみで、イーッとさせられるので、彼が一番いいですね。波風立たなくて心穏やかに視聴できます。
tim3.png一機のセスナ墜落に、実は四件のお宅の様々な思惑・事情がからんでいた事件。

とりあえず本作の教訓は、「密輸はするな」「不倫はするな」「盗撮はするな」「人のアイデア盗んで特許とるな」・・多すぎ!(笑)

模型飛行機を動かすホレイショがかわいい・・(笑)

飛行機事故なので、運輸安全局(でしたっけ)が機体を確保、なかなかCSIに渡してくれないなか、見事一部借り出しに成功したカリーはさすが。絶対、こういう時のためにおねだり上手な美女ってのはCSIに必須だよなぁ~というか(笑)

盗撮の捜査で、賭けをするカリーとデルコも微笑ましい。この二人の姉弟的仲の良さ、ほんま好きですわ~。

そういえば二人が盗撮ビデオを見てた時、デルコが、容疑者の男は「医者に行って青い錠剤貰わなきゃ」とか言ってましたけど、ED(勃起障害)の薬って青なんですか?ってか、なんで青って知ってるのデルコ?(CSIの人間ゆえに雑学的知識に富んでる・・ってことなんでしょうけど)

どうでもいい話ですが、うちの兄貴の車は10年近く前に生産を打ち切られたトヨタカローラEDなんですけど、まだ、ED=勃起障害という図式が一般的になる前に作られた車とはいえ、車前部の「ED」の文字を見る度に、ナンダカナ~な気分になったり。ちなみにExciting Dressy(エキサイティングドレッシィー)の略だそうですが・・(「エキサイティングドレッシィー」って何だよ・・って感じ)

枕カバーの落書き解読ん時の、文字解読係の女の子の言葉に対するスピードルの反応も面白い・・「ハートにイニシャル?」

そして、災難体質の検死官アレックスはまたしてもあわや現場で死にかける!その直前の、「男を脱がすのは得意」には笑いましたが。私がアレックスの夫なら、CSI・・ってか警察で働くのは反対しそう(自分の妻が、こう度々危険な目にあっちゃぁ、ねぇ) まぁ、たとえ危険はあってもやりがいのある職場でしょうし、決めるのはアレックス自身な訳ですけど。
警官の死に息巻くホーたん「仲間がやられた・・タダじゃおかない」 いや、仲間やのぅても、いつも「タダじゃおかない」勢いじゃないですか貴方!(笑)

内部調査局のリックも乗り出してくるわで、一瞬悪徳警官かと思われたコーフィールドですが、結局その名誉は守られた・・それは良かったんですけど、リックとイェリーナが付き合うって・・。

イェリーナ、リックのことキモいとか、言ってませんでしたっけ?いくらホレイショのことを誤解したからって、言い寄ってきたらキモ男とでも付き合うんかお前?ホーたんもしいて誤解を解こうとしないしで、見ててイーッとなることこの上なし!リックもイェリーナも、さっさといなくなっちまえ!(←ガキかよ)

勿論、ホレイショが真実を明かさないのはイェリーナを傷つけないためなんですけど・・。結果、ホレイショに対して傷心した彼女が、リックなんかの駄目男に流されちゃ本末転倒。本当にイェリーナのことを想っているというなら、何もかも明かして、自分の方へ抱き寄せるべきだろ?ホーたん!・・と思うのですが、やっぱ、「弟の妻」に手を出すことは、どうしても出来ないんでしょうね・・。その気持ちは分からないでもないですけど、それにしても・・。

しかも最後、内部調査の対象にされてるし・・(泣) まぁ、身内に睨まれるのなんて怖くない性質でしょうし、なにかあったら部下全員がホレイショを守ろうと頑張ってくれるでしょうけど。

とまぁ、そんな、見ててイライラさせられる場面の多い話ではありましたが、もういっこの、同じ警官殺しから発生した別の筋は、カリーが移民女性を救い、ほっこり&爽やかで良かったです。新人警官君もいい感じに指導してましたし。

パトカーでのパトロールって二人一組でやらないもんなんですかね?一人じゃ今回のような時、援けも呼べない訳ですし。

そういえば、マクシーヌが髪型変わってた・・前髪短過ぎませんか貴女!まぁ、美人ですからどんな髪型でもそれなりに似合ってますけど。
tim8.png仕事や、父の田舎に帰ったりで忙しくてお休みしていたCSI感想再開。

エイミーは、撃たれてすぐには亡くならなかった・・失血死で、それだけ長く苦しんだってのが気の毒。まだ息のあるうちに電話で声を聞いてた分余計に、ホレイショも彼女を救えなかったことに落ち込んだんでしょうね。

それにしても速記で右から書いて、しかも内容自体を暗号・・どんだけ用心してんねん!という感じでしたが、それでもジョシュにバレちゃった・・と。

最後、ホレイショが新聞受けから取り出して新聞読んでましたけど、あれって警察に届いてた新聞なんでしょうか?
事件現場から、ガキンチョが証拠品盗んで逃走!逃げられた時、腹立ち紛れにフェンスを蹴っ飛ばすスピードルに驚き。普段、あんまりこういうことしない人なだけに。

そして、とっ捕まえたそのガキンチョ・・鑑識マニアのウォリーとの、ささやかな交流。その後の、彼の突然の死に動揺しまくる、スーツ姿(←!!)のスピードル・・まさにスピードルの、スピードルによる、スピードルのための回。

普段、胸元の開いたラフなシャツばっか着て、こちらを油断(?)させている人が、いきなりスーツ+ネクタイできっちりキメてきた、その反則気味な落差にクラクラ・・卑怯ナリ~(←何故かコロ助口調) そして、子供の死に動揺する感情的な様子にもクラクラ・・あざとい迄にスピードル、おいし過ぎます!

しかし、ウォリーの死が自殺だったってのがちょっと・・。勿論、あんな子供が恐ろしい殺人者に「殺されてた方が良かった」ってことは決してないですけど、もう少し分別ついててもいい年頃・・今、このタイミングで自殺すれば、スピードルがどれだけ悲しむか、分かりそうな。

それでも死を選んでしまうのが、自殺常習という病なんでしょうけども・・。

まぁ、スピードルは犬に咬まれたとでも思って(←ひどい言い方ですけど)、早く立ち直って欲しい・・。死んだ子は気の毒ですけど、これからも生きていかなきゃいけない・・生きていかざるを得ない人の「心」の方が大事・・気にかかる訳で。

ラボの女性とのやりとりで、望んでこの職業に就いた訳ではない・・「金のためだ」と言い切るスピードル。怪我でアメフトを挫折したという過去を思い出させて哀感・・。子供の頃に、望んだままの仕事に就けた人の方が稀でしょう。それでも皆、就いた以上はそれなりに、今の仕事を頑張って生きてる・・。

彼がどれだけ、今の仕事で真摯にがんばっているか、視聴者は皆、分かってる・・だから、「金のためだ」なんて口にしても、その言葉を額面通りに受け取りはしない・・。

それにしても被害者、殺されはしましたが、必死の抵抗で一発殴って犯人に鼻血を流させていたことが結果、逮捕の決め手になった訳で、諦めずに抵抗することって大事なんですね・・というか。

証拠品泥棒・・ウォリーの遺留品探しの時、スピードルが率いていた団体さんは一体・・警察学校の生徒か何かなんですかね。なんとなく、吉本のお笑い芸人が、テレビ番組等で人海戦術に出た時にNSCの生徒を動員する、あれを思い出して・・(笑)

もういっこの筋は、カリーの蟻恐怖症が面白かったですね。これはもう、ハロウィン時のCSI面子のコスプレは蟻に決まりだろう!と思いましたが、人間がやったらアホなだけ?(←ちっちゃいのがうじゃうじゃいるから怖い訳で) カリーに鼻で笑われそうです。
 



で、気に入ったので字幕版でも見直し。

先に吹き替えを見てから字幕で見ると、字幕はやはり、文字数制限のためか結構、言葉がはしょられてますね。具体的に言うと、ラボの女の子の憧れのもとになったドラマ名(「ドクター・クインシー」でしたっけ)、吹き替えなら言ってるのに、字幕だとはしょられてます。

でも、やはり役者さん自身の生声が聞けるのと、(聞き取れることの方が少ないですけどそれでも多少は)原語で何と言ってるのか分かるのは強みよねぇ~というか。

「俺はずっと考えてた。吹き替えと字幕、両方見比べる意味はあるのかって。今なら分かる 意味はある。意味はあったんだよ、ここに!はぐちゃん!(ハチクロ最終回風)」・・って、そんなこたぁ前から分かってる・・無いのは時間だけ(泣笑)

理想を言えば、吹き替え→英語音声&日本語字幕→英語音声&英語字幕・・で3回視聴がベストでしょうけど、それはイコールDVDを買うってことですし、さすがにそこまではいれこまないと思うんですが・・どうでしょう・・(そのうち買ってたりして・・)

スピードルんとこメインで見返して、カリーとデルコの蟻騒動(?)はとばしとばしでしたが、それでもやはりこの2人の組み合わせは楽しい&微笑ましい・・としみじみ。蟻なんて全然怖くないよ!という、そのまま少年時代が透けて見えそうなデルコの笑顔と、苦手克服にトライ・・でもやっぱキモくて駄目~なカリー。いいコンビです。

スピードルのウインクはちょっと、ぎこちない?ような・・(笑)

スピードルは背広をウォリーに貸してあげますけど、どう考えても背丈的に合わないんじゃ?・・という気が。
冒頭、スージーとマディソンのために、不動産業者を交えてアパート選び・・のホレイショ。スージー、遠くに行ったんとちゃうんかい!まぁ、元からそう、遠くへは行ってなかったのか、ホレイショが、自分の近くの方が目が届いていい・・と思って呼び寄せたのか?業者さんは一体、この3人の関係を何だと思ってるんでしょうね・・とか言うとるうちに、近所で現金輸送車銃撃事件発生!

警官として当然、現場に急行したホレイショは、抵抗した犯人を射殺!大体、ホレイショのが先に構えて狙いをつけてるんですから、犯人がどんな早撃ち名人だろうが敵う訳はない・・何故、そのことが分からないのか・・。いつぞやの「人を殺したことがある?」「・・・仕事でなら」 まさに今回、それですね。

傍で見ていた次姉が、殺さないように手を撃つとか出来んかったんかい?という趣旨のことを言ってましたが、殺(や)るか殺られるかの命懸け・・確実に相手を倒さないとこっちが殺られてしまうんですから、身体の端の、当て難い・・小さな的でしかない(銃を握ってる)手よりは、より急所に当たり易い、身体の中心線を狙うのがセオリーな訳で。

意図して人を殺した人殺しが、素直に投降するってんならともかく、歯向かって銃に手を伸ばしたというなら、もうその瞬間、撃ち殺されて当然。そんな輩のために、ホーさんが命を危険にさらす訳にはいかんのよ、マーさん(←次姉の事)

間の悪いことに、イェリーナの出張ってきたその現場に、スージーがマディソン連れて登場!レイモンド似=レイモンドの兄である、ホレイショにも似ているマディソンを見て、すっかりホレイショとスージーの関係を誤解してしまったイェリーナ。

で、ホレイショも、その誤解を否定しつつも、夫レイモンドに愛人と隠し子がいたという事実でイェリーナを傷付ける位なら・・と、真実は話さない。なので、イェリーナは誤解したまま・・なんですよね。

ホレイショなりの思いやり・・優しさな訳ですけど、かえって仇になってる・・。この時点でもう、死んだ夫より、生きて、今、自分とJrのそばにいてくれるホレイショの方が、イェリーナにとっては大事になってきているはず。そこら辺の気持ちを、読み間違える(?)なよ、ケイン警部補~!という感じ。

こっぴどく振られた元カノに頼らざるを得なくなったスピードル・・(笑)

溺愛した妹の嘘に騙され、人生棒にふったポールもですが、やはり何と言っても、友達の為に犯罪の片棒担いだ、その過程で強奪犯に撃ち殺されたジョンが気の毒(ポールとジョンて、ビートルズかよあんたら) 独自で事を運ばず、警察に相談してたら、ねぇ。

それにしても、スージー達のアパート代1年分、気前よく前払いで払っちゃったホレイショは結構お金持ち?独りモンだからあまり、お金の使い途ないんですかね。まぁ確かに、姪が可愛いのは分かりますけど。

今回の素敵俺様発言は「俺は、人を疑うのが仕事だ」でしょうか。堂々と開き直る(笑)ケインさん・・。
h4.png事件「後」ではない、現在進行形な現場に、制服警官の制止もきかずに、銃抜いて真っ先に踏み込む我らがホー様!(笑)

警部補ってことで、日本の「鑑識」とは違う・・捜査権限も、その裁量に任せられてるってことなんでしょうけど、それにしてもなんで真っ先にアンタが踏み込むのよ!と、ツッコまざるを得ない場面・・しかし、これでこそマイアミ!これでこそホー様!視聴者に、ツッコませてナンボの荒唐無稽(←注:誉めてます)なホー様に、ツッコミつつもうっとり、眩暈を感じつつもクラクラ(←同義?)、そんな感じです。あーお腹いっぱい(←冒頭で既に)

ヤクの売人への「俺の関心は殺人だけだ。意味分かるな?さぁ吐け」でしたっけ。あの台詞も良かったですし、あと、終盤の、犯人んちのガレージ?のシャッター開けての「驚いたぁ?」にもクラクラ(笑) 運昇さん、ノリノリですねぇ。あの言い方に、「こっちが驚いたよ!」とツッコんだ視聴者、多数かと思われ。

スキーマスクがらみのスピードルとカリー、ヘリに関するデルコとカリー、各々のやりとりも微笑ましい。

思えばこの頃が一番、充実?というか、いい時期なのかもしれませんね。後になってみれば・・。

という訳で、マイアミ面子のお茶目シーンが多い=原語で何て言ってるのか気になるので、この回は字幕のも見てみようかな・・と。

サーモグラフィーであんな、遺体が埋められてるとかまで分かるもんなんですねぇ。

ある富裕な一家の家族団欒で幕を開けた話でしたが、あの時点で既に、妻は不倫相手の子を宿し、息子はヤクの売人で家の美術品を盗み、それを誤魔化す為の泥棒の依頼までしていた・・。表面上は仲のいい、理想的にすら見える一家でしたが、内側では複数の問題を孕み、あの瞬間、堰をきってあふれ出した・・と。

妻は結局、お腹の子をどうするんでしょうね。夫を殺した男の子・・しかし自分の子であることは違いない訳ですし、子供自身に罪は無いんですが、はたして・・。とりあえず、不倫するなら避妊しろよ!と・・。別れるつもりのない夫が、パイプカットしてる以上。

それにしても夫も、裕福で子供1人しかいなんですから、パイプカットしなくてもよさそうなもんですけど(人んちの家族計画に口を出すのも野暮ですが)
 



で、字幕でも見直してみました。

冒頭の、映画「トゥームレイダー」に決定のくだりの、親父の台詞、吹き替えだと「多数決」だったのが、字幕だと「決定権は僕にある」・・家でもワンマンかよ親父!

吹き替えと字幕で、結構ニュアンス違うのね~とも思わされましたが、でも問題(?)の、「驚いたぁ?」はそのまんま、「surprise」で笑いました・・。「繊維の神様」でもそうでしたが、めっちゃ意訳・・吹き替え版の暴走(笑)なのかと思いきや、オリジナルの台詞からして、既に暴走しているという・・。う~ん、さすがホレイショ!

ヤクの売人への脅しの台詞も、原語からしてあんな感じ・・「さぁ吐け」は「Let's go」なんですね・・(笑)

吹き替えと字幕、見比べると面白いんで、極力そうしたいところですが、さすがに時間的余裕が・・。よほど気に入ったか、気になる台詞のある回に限られそうな。
パパラッチの死の現場に3人も関わっていて、しかも最初関連があると思われた俳優の方ではなく、その隣んちの俳優(とそのスタント)の方が本ボシだったという、二重三重の仕掛けが面白かったです。

最初に目をつけられてた俳優は、個人の性嗜好を「スキャンダル」としてとりあげられて、しかもそれでアクション俳優としては破滅していかざるを得ないという・・。どこが「自由の国」なんでしょうね・・という感じ。

スタント俳優も、スター俳優の甘言を信じて人殺しちゃあ、俳優としてのキャリア築く前にその、土台たる人生自体がめちゃくちゃじゃん・・ということに何故、気付けないのか・・。

それにしてもホレイショがラボで青衣着てると違和感~(笑) 「科学捜査班」の「主任」だというのに・・(笑)

銃を取り出そうとして、とっさに反応したホレイショに銃突きつけられたスター俳優。「ホー様の前で不用意な動きしたらアンタ、射殺されまっせ」という感じでしたが、久しぶりに(「餌食」以来?)ホレイショが真剣な射撃モードに突入する姿を見たような気が。この方が青衣着てるより、よっぽど「らしい」ですもんね。
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]