忍者ブログ
[197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Nothing to Lose」

エバグレーズで、ワニのご飯になりかけてる射殺体が発見され、CSI:面子が向かう・・前に、ここであわや焼死体になりかけたことがあるアレックスとデルコは、またしても雷による突発的な火災に見舞われ、命からがら死体を搬送しつつ脱出。

それだけでも結構アレなのに、デルコは自分が「立ち入り禁止だ」と火事現場から追い出した女性カメラマンが脱獄犯に殺され落ち込む・・そしてさらに、その脱獄犯にアレックスがあわや殺されかける!(ひー) つくづく災難体質な検死官です。

しかし、生きるか死ぬかの土壇場でよそのお宅の子供をかばい、命懸けの反撃に出て子供は逃がした彼女の勇気にほれぼれ~。

それに比べて、子供(マディソン)の命がかかっているというのに、レイJrにHLAの型を調べる検査を受けさせるのを拒否るイェリーナ・・あのまま、拒否ったまま終わってたら見下げはてるとこでしたよ全く。

そりゃ、夫が自分とレイJrを裏切るようなことをしてたと知ってショックだったのは分かりますけど。それとこれとは話が別やろ?と。夫が浮気したとしても、その罪は夫自身のものであり、その結果生まれた命には何の罪も責任もないんですから。それに、愛した男性の子であることには変わりない・・死んだ夫が愛人(のちの後妻)に産ませた子を、それでも慈しむ「蛍川」の春枝(演:奈良岡朋子)の爪の垢でも煎じて飲め!

ちなみに兄弟の場合、型があうのは4人に1人(25%)の割合だそうですけど、マディソンとレイJrは腹違いなので、さらに確率は下がることに・・それでも、赤の他人との確率に比べればめっちゃ高いんでしょうけど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]