忍者ブログ
[80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Boom」

冒頭、ちょっといい男な警備員・ジェイクいきなり爆死!ど、どうせ死ぬならおっさん(ドミニク)の方を・・(不謹慎) ちなみにこの、ジェイク役の役者さんは(ふっとばされる・・という役柄のせいなのか)スタントが本職の方らしいですね(マイアミにもスタントで出てる模様) いい男なのにスタントなんて勿体無い。

さて、「爆破」で「絶対絶命」なのかと思いきや、別件だった・・顔なじみの売春婦・クリスティと、とうとう一線を越えてしまったニックが、翌朝クリスティが絞殺体で発見されたことで「絶体絶命」に陥った・・と。

容疑者として逮捕されれば、あとで容疑が晴れたとしてもCSIはクビ・・爆破の方で忙しい(+担当の昼の主任のエクリーと仲が悪い)グリッソムに代わり、キャサリンが、ニックの疑いを晴らす為奮闘!彼女(の頑張り)が本当、頼もしかった・・最後、無実を証明してくれた彼女とニックが抱き合うシーン・・キャサリンが(夜間シフトの)「お母さん」って感じでした。

しかし、キャサリンがあっさり見つけられる凶器を見落とす、エクリー以下昼間シフトの連中はどんだけ間抜けなんだよ・・という感じ。お約束とはいえ。

で、ニックの方でハラハラ・・爆弾事件の方はなかばどうでもよくなっていたんですが、どっこいこちらもなかなか良かった・・まともなのかおかしいのか判断つきかねるドミニクも独特なキャラでしたし、実は真犯人が容疑者の息子だった・・ってオチが苦くて。

今は年金暮らしの父が以前、意に沿わぬ職場で働いてた頃愚痴を聞かされ、それがイヤだったのを思い出した・・その頃もう私は大人でしたし、聞きたくなければその部屋を出て行けばいいだけでしたけど、まだ善悪の判断がつかない、かつ親に養ってもらっている=親の生計が成り立ってるかどうかが自分の生活に直結している子供が、仕事や失職の愚痴、不安を聞かされ続ければおかしくもなる・・爆弾で、人を殺した・・そのことを「何故怒るの?」と不思議がる・・悪いことだと理解出来ない子供が恐ろしくて、そして何より哀れで・・。

本当に子供は、大人が思ってる以上に、時に大人で、時に幼稚で・・。まだ、なにものでもないその器に、大人が、たとえ意図していなかったとしても結果的に「悪意」を注ぎ込んでしまえば、簡単に染まってしまう・・。

勿論、子供をきれいごとだけで隔離して純粋培養のように育てるのもよくないでしょうしそもそも無理・・多少は、悪意や不運に揉まれながら育っていくもんでしょうけど、それでも親の心がけ次第で避けれたはずの悪意にまで、余計に接する必要はない訳で。

身寄りがないクリスティを、たとえそれで逮捕されることになっても自分が葬る!と言い切るニックがかっこよかったです。付き合ってたとか将来を考えてたとかでは全然無かったにしろ、何度か庇い、フィーリングが合うものを感じ、一夜を供にした女性がその直後、無残に殺されたとなれば、せめて弔いという形でも、何かをしてあげたいと思うのは人情として分かる・・男の「意地」ですよね。体面とかそんなことより、意地を通さなきゃならない時もある・・と。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]