忍者ブログ
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Chaos Theory」

「うっそぉん!」とびっくりさせられる系なオチでしたね。偶然が重なり合って、あんな結果をうむとは・・。

彼女の事故死を認めない・・他殺のはずだと言い張る両親。

憎むべき「対象」が欲しいのかもしれませんが、しかし「殺された」となれば、絶命までのその瞬間、かわいい娘は苦痛だけでなく、相手に対する憎しみや死の恐怖、絶望・・そういうのを味わいながら死んでいったってことになりますし、また、被害者に非のない場合も多々ありますけど、他人に殺されてしまうだけの何か、恨まれるようなことをしていたかもしれない(もしくは、世間にそう思われてしまう)可能性もある訳で、そう考えればまだ、事故死の方が納得できそうな気がするんですけどね・・(非が全くないのに、そういう、痛くも無い腹を探られて、遺族が気の毒過ぎる犯罪被害者のなんと多いことか・・)

事故死でも、意識がなくなるまでは苦痛・恐怖・絶望に苛まされるでしょうけど、少なくとも憎むべき対象が(目の前に)いないだけ、他人に殺されて命の終わりを迎えるという理不尽な思いを噛み締めずに逝けるだけまだ、マシなんじゃないかと。

「子供のいない人間には分からない」と言われてしまえばそれまでですけど。でも、私だって(「どう考えても、私より先に死んだらあかんやろ!」と思ってますけど)姪や甥が万が一、私より先に死んでしまうような事態になれば、かわいい彼らが、「他者の殺意にさらされて命を落とした」よりは、「どうしようもなかった事故で亡くなった」方がまだ、多少は心情的にマシなんじゃないか・・という想像は出来る・・あくまで「想像」でしかなく、実際そんな事態に遭遇したら(したくないですけどね・・)、たとえ事故であろうと微塵も納得はできないかもしれませんが・・。

若い娘が命を落とし、両親がその死に納得できず・・。痛ましい事故ではありましたが、ルームメイトのレイプ犯を捕まえて、法の裁きを受けさせることが出来たのだけが唯一の救い・・というか。

チェロキーの運転手は刑事的に責任問われるんでしょうかね?(傷害致死?) でも、道に駐車してた、あの車の持ち主にも非はあるでしょうし、問われるとしてもそう、重くは無さそう・・。民事の方では、遺族から多額の賠償金を請求されかねない気もしますが(ちなみにOJシンプソンは、刑事の裁判で勝って、民事の裁判で負けた・・「どないやねん」という感じ)、両親が何より、事故死に納得していない以上、あの運転手を民事で訴えることは出来ないはず・・。

あの運転手、我が子が生まれるという、人生で最上かもしれない喜びの時に、事故とはいえ人を・・他人の「我が子」を死なせた訳で、その事を知ったら・・。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]