忍者ブログ
[106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Strip Strangler」

第1シーズンファイナル。

冒頭の、ベッドで半身起こした女性の姿。関西人の95%が、「あなた・・車売る?」と、ハナテンのCMをアテレコったんじゃないかと(ローカルな話題で恐縮)

同じ手口の婦女暴行絞殺事件が3件も起き、FBIがしゃしゃり出てくる・・。サラが志願したこととはいえ、彼女をおとり捜査に使ったりするFBIのやり口に反発するグリッソムは、保安官に事件から外されてしまい・・。

グリッソムとは意見が合いませんでしたが、おとりになってでも、被害を食い止めたい・・一刻も早く犯人を捕まえたいというサラ・・彼女の正義感・勇気・情熱は立派でしたね。もちろん、いくら勇敢で立派とはいえ、それで命を失ってしまっては元も子もない訳ですけど。

サラの気持ちも分かるし、大事な部下をそんな、不確定な捜査で危険な目に遭わす訳にはいかない・・という主任の気持ちも分かる・・結局、どっちにも言い分があるというか。一番悪いのはそういうジレンマ?を生み出す根元たる犯罪(者)なんですけど。

サラのおとり捜査を知ったであろうデヴィッドはどう思ったでしょう・・心配はしたでしょうけど、ある意味、惚れ直したんじゃないか・・という気も。彼女のそういう部分も込みで好きになったんでしょうし。

主任のお家が初登場!(多分) 職場(CSI)を追い出されても、案の定というか、家で捜査資料眺めてる彼・・。

NHK風?に言うならまさに、ギル君の(捜査は)「ひとりでできるもん」or「お家でできるもん」でしたね・・。

で、そんな彼を慕って、部下が全員家にやってきて捜査会議・・CSIがそのまま、主任んちに移動しただけ!保安官のいけず意味無し(笑)!で、痛快×2。

それにしても、犯人が分かり易過ぎたのがちと難点。あんな、しゃしゃりでてくる警備員、一発であやしいって分かるって!(まぁ、四十数分内でドラマ決着させなあかん訳ですから、そうたくさん伏線はる訳にもいかんのでしょうけど)

ニックが被害者宅をひとりで調べてるシーン・・傍で見ていた次姉が一言・・「昔風の男前」 えぇ?じゅうぶんイマドキじゃないですか。せめてそういう意味合いで言うなら「古風な男前」と言って欲しい・・。

十分あやしいあの警備員宅に、独りで行っちゃう主任!颯爽と現れて犯人を射殺・・主任を救ったキャサリン!どう考えても主任、「姫」です(笑) いや~、ベガスのヒロイン(←?)はウォリックかと思ってましたけど、主任もなかなか・・。

最後、無事事件が解決し、5人仲良く食事する夜間シフトのメンバー。4人がけのテーブルに、サラが椅子もってきて無理やりでも5人一緒に飯を食う・・ほんま仲がええのぅ。傍で見ていた次姉ふたたび発言・・「中年組と若者組に、2:3で別れて座ったらええねん」・・えぇ?その中年組って主任と(以下自粛)?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]