忍者ブログ
[226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「King Baby」

吹き替えも字幕もどっちもいけるクチ~なマイアミ&NYと違い(でも、吹き替えで見ることのが多いか・・)、ベガスは吹き替え至上主義!なんですが、この話の吹き替えは、1回目ん時は忙しくてビデオをしかける暇もなく、「まぁ、あと2回放映あるさぁ~」とスルー、2回目は完全に時間を間違えてとり逃し、そして最後の3回目はデクスターのマラソン放送とカブってて、とれなかった・・で結局、字幕で見ました。本編丸々1話を通して字幕で見たのはこれが初めてかも?

普段吹き替えで慣れてるので、字幕を目で追うのが+(初めてだと、声だけでは誰の台詞か分からないので)画面で誰が喋ってるのか注視しないといけなくて、結構疲れますね。最初から字幕で見ることに慣れてるコールドケースに比べて登場人物も多いですし。

一番びっくりしたのがウォリックの声の低さ!山野井さんの声のがソフトな男前に仕上がってて好みだなぁという感じ。慣れればこの、役者さん自身のワイルドな声も好きになれるでしょうけど。また、傍で見てた次姉がグレッグの声が「かすれてる!」とびっくりしてました。彼も吹き替えとだいぶイメージが違う・・役者さん自身の声だと年相応の、大人の男性って感じがしますね。吹き替えだと若造ライクに演じてて、そこが良い訳ですけど。グリッソムの声が一番、吹き替えと役者さん自身の声の、イメージの差が大きくなかったような(やはり主役なだけに、日本語版制作陣も一番、慎重にキャスティングしてあるってこと?)

で、事件そのものは・・。グリッソム班とキャサリン班の合同捜査になって、キャサリンがカリカリしてたのがちょっと。言う割にはカメラのデータ盗まれてるし(←警官も悪いとはいえ) 特にソフィアにあたってたのが感じ悪い~(2話ぶっ続けで見たのでどっちだったかあやふやですが・・多分こっちだったような・・)

赤ん坊が殺されてなくてよかったな・・と。子育て理論は人それぞれですけど、やはり本当に小さい頃は、親に「愛されてる」って実感を抱かせる為、たっぷり甘えさせてあげるのが大事なような(と、「子育てハッピーアドバイス」にも書いてあったような)

子供は養子先で愛されてるのだろうか・・と、作り話ですけど、思わされた・・愛されているのなら、もしくは養父母を本当の親だと信じているのなら、悲しいですけど今更、あの女性は我が子を取り戻すのは無理だろうなぁ・・と。

ベビーベッドの下の隠し場所から、被害者のライバル達の「弱み」が出てきた・・その中にキャサリンのパパのもあったようで、「キャサリン呼んでこな!パパの弱み握れんでー!」と思ったり。でもまぁ、小切手換金したから和解したんでしたっけ?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]