忍者ブログ
[370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Law of Gravity」

ケプラー編完結。最初から、IMDbで彼の出てくる話は数話しかないとは知ってましたが、まさかこのような幕引きとは…(哀)

彼の抱えてる闇が全て明らかになり、そして決着…。気の毒な後半生(?)でしたが、最後の最後に愛した人の本当の敵がうてた&こっちに来てからは一番親しくしてたキャサリンに看取られただけ、彼はまだマシ?と言えるような…。本当に気の毒なのは、無実だったのに死の恐怖におびえながら彼に殺された男とその親(+眼前で仲間に死なれて傷付いたキャサリン) もともとは、自分の娘に手ぇ出すような最低ゲス野郎のおっさんが全て悪いとはいえ。

エイミーが死んだのが85年で、当時16歳(前の話の追悼式のカードの、生年と没年から)…この話が07年ですから、22年前。では、ケプラーが誤って無実の男を殺してしまったのは、彼もティーンエイジャーかせいぜい20代前半の、まだ警官なりCSIなりになる前だった…ということなんでしょうか(若いケプラーを演じた別の役者がいたそうですけど、全然画面上気付きませんでしたよ)

エイミーに死なれ、男を殺してしまったその時点で、ある意味ケプラーの人生は既に「終わっていた」とも言えるのかも、しれませんが…。それでも、それからの22年に全く意味が無かったとは言い切れない…実際、キャサリンのように死を嘆き、悼んでくれる仲間ももてた訳ですし、DNA担当のウェンディも彼を気に入ってた…本来は、(エイミーが愛した)「いい人」だったでしょうに。こういう躓きを、もしかしたら他のCSI面子も過去に、犯し得たかもしれないことを思うと、本当に「運」というか、人生どう転ぶか分かんないよね…と。

帰ってきたグリッソム。しかし相変わらず郵便物は開封されず、こっちはやきもき。はよぅ開けろよ!受付のジュディ久しぶり…調べたらシーズン6の1話目以来でした。

ホッジスの遠隔ストーキングっぷりが…(笑)
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]