忍者ブログ
[98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Justice is Served」

いきなり2話とんでしまいました・・。いや、録ってはいるはずなんですけど、録ったはずのテープが見当たらなくて・・。

獣に襲われて死んだ被害者・・最初、主任が「ピューマ」とか言ってたのが検死室でロビンス先生に「犬」と断定され、ウォリック&ニックが「主任でも間違うんだ~」、主任「すぐ訂正すればいい!」、ウォリニク「ふ~ん」・・な、あのやりとりがかわい過ぎる!(笑) ベガスは仲がええのぅ。

かわいい・・といえば、犬の糞を検便・・「あと30クソ」って言うウォリックも。

遊園地の方では、女の子が犠牲になった・・とあって、キャサリンが感情的になり過ぎて暴走気味・・それを、(いつもは主任とかにいさめられてる)サラがサポート・・って図式がなんだか新鮮でした。同僚なら当たり前かもしれませんが、テンパり気味のキャサリンをあれこれ気遣ってあげるサラがいい感じ。

それにしても、犬の事件の方はおぞぞ・・とするオチでしたねぇ。ミステリアスな容疑者だとは思ってましたけど、人間の肝臓、パウダーにして喰ってたとは(怖)

最後、彼女に涙を流させたのはいい演出でしたね。(口では強がってても)人を喰ってでも生き延びようとしたことに対する罪の意識から出た涙かもしれないし、単に捕まって、もう長生き出来ない=死に対する恐怖からくる涙かもしれないし・・。いろいろ解釈の仕方があって、余韻に繋がる・・というか。

少女を殺したのは実母だった・・という苦い結果にたどり着き、精神にダメージを負ったキャサリンは、癒しを求めて殿方の腕の中にすがる・・ってこの人誰ーっ!?(人の顔憶えるの苦手な方ですけど・・エディじゃないですよね?さすがに) 2話見逃した間にいろいろあった模様。こりゃ、テープ探さなきゃですワ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]