忍者ブログ
[301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Werewolves」

遺伝がからむ…ということで、以前にも、健常児として産まれた我が子が、小人症の恋人の子を産むのを阻もうとする小人症のお父さん…という事件がありましたから、今回も妹が全身多毛症のヘイデンと結婚するのを阻もう…という動機のある兄貴が犯人だと思ったら案の定。

そういう訳で、謎解きとしては物足りなかったですけど、提起されてる問題は実に深刻でしたね…。皆が皆、キャサリンのように受け止めてはくれない…圧倒的大多数はあの兄貴や、ネット賭博の男や、はたまたラボ面子のような態度な訳ですし。

ラボ面子、不謹慎…デヴィッドの株が上がりましたけど、しかしホッジスの、僕のところで面白いものがあっても見せてあげないぞ…という物言いはかわいかったような。でもやっぱ、あかんですよね。自分や、自分の家族・親しい人の遺体が面白がられたり、勝手に写真に撮られたりしちゃ嫌っしょ?デヴィッドの言うとおり、尊厳を傷付けるような真似はしちゃ、いけません。

遺伝ということで、自分は、自分の家族(子孫)は、血縁を持たない限り関係無い…と思うんでしょうけど、遺伝子には突然変異ってものがあるんですよ。某女王の子孫の血友病の遺伝も、女王自身が突然変異をもって生まれた為と推定されてるそうですし。「自分は関係無い」「自分は縁が無い」と思い込んで勝手に蔑み、遠ざけて…。自分自身を含む、社会の偏見を正そうとしなかったツケをいつか、自分の子孫が払うことになるのかも…。

それにしても犯人、ヘイデンが隠し部屋に逃げ込んだのを見て撃ってる訳ですから、あの部屋の存在はあの瞬間、知った訳で、ベッドとかあって人が生活してる様はありあり…「もう一人、居住者がいた」って注意して覗けば気付きそうな?まぁ、そうなってたらアリソンも殺されてしまってたでしょうけど。ヘイデンを殺し、目的を達したことで注意散漫になったんでしょうかね。

最後、お母さんがアリソンの元に戻る決心をしてくれてよかったです。勿論、アリソンはお母さんに捨てられたと傷付いてる訳ですけどそれでも、お互い生きてさえいれば関係をやり直すことは出来る訳で。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]