忍者ブログ
[115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「On The Job」

ダニー、人生最大のピンチ!!

逃げて、抵抗してきた犯人を撃ったはずが、同じNY市警の刑事が死んでしまってさあ大変!

先週のうちに既に冒頭見てたんですけど、その事の重大さにびびったというか、主役側が疑われる話って生理的に苦手で、延ばし延ばしに・・。でも、今日のマイアミで、字幕版とってたとこが消えるので仕方なく視聴・・。

じっとしてられない・・というダニーの気持ちも分かりますけど、でも、ドンちゃんやマックがなだめたり、心配してくれてる・・その気持ちをもっとちゃんと、受け止めろよ~というか。

ダニーはあまり恵まれた環境で育つことは出来なかった・・。今回の話で、既にお母さんが亡くなってるのも分かりましたし(子供の頃に亡くなったんでしょうかね)、愛されたり認められたり・・ということに飢えてる感じ?というか。そのままの、ありのままの自分でいいんだ、それで十分、愛されたり認められたりする「価値」があるんだ・・というのを、あまり実感できないまま、成長したんでしょうかね。

仕事の能力も、人としての正義感も十二分にあり、捜査官としての適性をマックも認めたくれた・・それでも、他者を信じきれない。そして、(自分の価値を認めてくれるはずの他者を信じきれないから)自分自身も信じきれない・・ってことなんでしょうかね?

とことん、彼が思い知るまで、彼がどれだけ仲間にとって必要な人間か、「それ以上」を目指さなくても、今でも十分、価値のある人間なんだ・・ってことを、伝えてくれる・・伝え続けてくれる人が必要。

意に反し監査室の人間に証言をしたダニーに、「これでもう君をかばいきれなくなったかもしれない」と冷徹に言い切る時の、マックの顔が怖い!(けど素敵!) 心情的には絶対、穏やかではないはずですが、(少なくとも表面上は)鉄壁の自制心を見せ付けるマック・・かっこいい!ダニーもこれくらい冷静になれたら、ねぇ。そりゃ、刑事殺したかも・・となればなかなか、冷静ではいられないでしょうけど。それでも、仲間が自分を思ってくれてる、その気持ちは受け止められるようにならなきゃ。

シッター事件で最後、なかなか親が迎えに来なかった赤ちゃんを抱き上げて、ステラが一瞬、泣きそうな顔になった?ようで、ちょっとウッときました。馬鹿親に、(既にCSI:NY名物と化している?)「ステラ説教」、炸裂させちゃって下さい!姐さん!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]