忍者ブログ
[135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Felonious Monk

仏教の寺院・・ベガスには何でもあるのね~・・と感心してるうちに坊主4人射殺!(ギャース) なんて罰当たりな・・。出かけてて生き残った僧侶アナンダ、男前やとは思いましたけど、まさかマーク・ダカスコス(「ジェヴォーダンの獣」マニ役)だったとは。

捜査の過程で、デヴィッドのパパに協力要請・・なんと!デヴィッドのパパ(アイザックというそうな)は空軍の大佐だった!デヴィッドったら結構いいとこのお坊ちゃん(?)だったのね。

キャサリンは、ストリッパー時代の親友ステファニーが殺された事件を、犯人として逮捕され服役していた男ケルソが、無実を訴えながら病死したのを機に、再捜査。彼女をこの道に導いてくれた恩人ともいえるジミーが担当した事件でしたが、ジミーが証拠をでっちあげてケルソを逮捕、結果的に真犯人を野放しにしてしまったことを突き止め、ジミーを逮捕。

恩人を逮捕しなければならず、また、親友を殺した真犯人も分からないまま・・キャサリン気の毒。それでも、ジミーに「私をいくら蔑んでもいい」ときっぱり言い切り、逮捕という辛い決断に踏み切れる「強さ」が、光ってたなぁ・・と。そんな彼女をサポートしてあげるウォリックの優しさも。

おとんの意に反して仏教に帰依していく青年役の子は、マイアミの「ヒトラーの子」にも出てるそうで。若者何人かいたのでどの子か分かりませんが、ホー様に「・・人を殺したことがある?」と訊いてた子かも。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]