忍者ブログ
[131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Burden of Proof」

冒頭の死体農場が・・(絶句) これ見て、検体する人減ったんでしょうかね、アメリカ・・。

最近はまってるクイニーアマンや惣菜パン等を用意してビデオを再生した訳ですが、死体農場→カツオブシムシ(&それがたかってる、白骨手前の死体)→赤十字から頂いた腐った血(の臭いがついた、ニックのサンドイッチ)→ウシバエ→牛肉でウシバエ繁殖実験・・という、見事な食欲減退コンボをお見舞いされ、ちょっとげんなり・・(それでも食べましたけど)

善意の献血、腐って無念・・と思いきや、こうしてCSIで実験に使われることもあるという。赤十字の執念(?) まぁ、アメリカはまだ売血があるのかもしれませが・・(だとしても、それはそれで予算を無駄にしてる訳ですけど)

マイクんちが火事でどっかんどっかん爆発してた時、さりげにキャサリンを庇ってたウォリックが素敵。妹性的虐待疑惑をかけられたジェイクから、「男の先輩」として事実を聞き出してあげるニックもかっこよかったです。

こんな、いい男ばかりの職場を何故に厭う?サラ・・と思いましたが、まぁ、主任に対する「もっとこっち見てよ」というアピールの一環だった訳ですか。仕事は出来る・・有能だけど、ちょっとぼんやり気味で女心に疎いギル父さんを、しっかり者のキャサリン母さんがしかった・・と(笑)

子供が父親の方へ行きたがらなかったら、「法律なんだから」などと言わず、何故行きたくないのか、子供の言い分・・気持ちを、その時点でちゃんと聞いてあげるべきだったんですよね、あの母親。勿論、能動的な意味で悪いのは全部父親ですけど、母親にも受動的な落ち度があった・・というか。

それにしても、殺人でも執行猶予がつくってのはすごいですね・・。まぁ、日本でも児童虐待で子供死なせてしまった親に、積極的に殺そうと思ってた訳ではなく、過失だった+自身も虐待の被害者だった+下の子を育てなければならない・・等々で執行猶予がつくことはあるでしょうけど、自身の命が危険にさらされてた・・って訳でもないのに相手に銃向けて、バキュンと撃って殺しても執行猶予つきますか・・。よその国の法律に口挟むのも失礼かもしれませんが、それにしても・・。

逆に、14歳以下への性的虐待は終身刑ってのはいいですね。これは日本も見習って欲しいです。まぁ終身刑といっても、多分仮釈放の可能性もある方の終身刑でしょうけど。

キャサリンは勿論のこと、ブラス警部も、娘を持つ親として、被害少女を思い遣ってましたね。

牛肉弾・・すごいですね。よくこんなん思いつく&作るもんです。そういえば、主任が氷を見て「溶けてる・・」と言うシーン、昔、試食販売のアルバイトをしてた時、アイスクリームを勧めたおっちゃん客に「溶けたぁる」と言われた・・あの、絶妙な河内弁(?)の発音を思い出した・・どうでもいい話ですが。

最後キャサリンに言われて、花屋に慣れない注文をする主任がかわい過ぎ(笑) 慣れてなくても、一応手帳にTEL NOはメモってあるんですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]