忍者ブログ
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Coming Of Rage」

凄惨な遺体と現場をみて冒頭、主任が「(動機は)激しい恨みかも?」と言ってましたが実は、恨みどころか少年少女達の、「あいつ最近付き合い悪いじゃ~ん」「現金持ってるぞ」という、軽い気持ちが動機だったことが判明。動機と、それが引き起こした結果の落差があり過ぎる・・まだ、「恨み」だったというならともかく、恨みですらなく、それでもあんなに酷いことが出来る、子供は・・人の痛みが分からない子供は、なんて恐ろしいんでしょう・・というか。

まだ、いつかは罪を自覚するかも・・な兄弟に比べて、酒乱の父から離れられてせいせい・・という少年や、サラすらも騙した演技力と、両親を亡くしてるという境遇で同情をかえる・・と言い切る少女は全く、もう・・。こういうの見ると本当、未成年でも殺人等の重罪は成人と全く同じ罪を問うべきだ・・と思いたくなります。

勿論、単純に厳罰化して済む問題って訳でもないでしょうけど。更生の為には、どう反省を促すか・・その為にはまず、犯した罪を本当に「罪」だと、認識出来るようにならないといけない・・。はたしてどうすれば・・?

でももう、ここまでこういう風に育っていたら無理なのかもしれません。殺人で刑に服して出所してまた殺人して捕まる奴もいますし。どんなに酷いことをしても、また、それに対してどんな裁きをうけても、とことん反省は出来ない輩は大勢いる・・むしろ、真に更生をはたす人間の方が限られているのかも・・。

本当、「更生」って?「罪を償う」って?と、考え込むと抜け出せなくなりそう・・とりあえず、今回の4人は(死なない程度に)いっぺんハンマーでどたまど突かれてみろよ・・と言いたくなります。

ハムラビ法典じゃあるまいし・・ですし、「それ」で何も解決はしない・・真の反省を促すなんて無理でしょうけど、それでも、人に酷いことをした奴は、それと同じ目に遭ってみろよ!と言いたくなる・・(レイプ犯の男は、男にレイプされろ!とか)

あの、主犯の少女の最後の変わりっぷりが怖い・・おっちゃん俳優だと男性でもオゾゾ・・とさせる人いますけど、若い俳優だと女優さん(or女の子の子役)のが、この手の演技上手いような(タミー役の人とか)

ちなみに女優さんは放映時点で23才・・高校生ちゃうやん!(笑) どうりで監視カメラに映った姿、老けて見えた訳です。

キャサリンがゼリーを作った時の、ボビーのおふざけがお茶目。グレッグの歯キラッ!も(笑)

それにしてもあの主婦、自分が叱ったせいで銃が上向いてあの被害者に当たったと知ったら気ぃ悪いでしょうね。勿論、悪いのは全部、市内の住宅地で銃撃ってたあの男ですけど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]