忍者ブログ
[219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「No Humans Involved」

新体制でグリッソム班もキャサリン班もまだ、しっくりきてない・・とりわけ最後、苦い過去に繋がるらしい記録をあたってるサラの孤独が・・。まぁ、どっちかっつうと人見知り気味?・・人と打ち解けるのには時間がかかる方っぽい彼女ですから、エクリーんとこから移って来たソフィアに、そうすぐは打ち解けられないであろう・・おまけにグリッソムと仲良さげってのは面白くはないはず。

そういう意味では、まだ捜査員には慣れてないグレッグにはソフィアの経験豊かなところは頼りになりますし、彼女も頼られて悪い気はしない・・。

そしてソフィアは、キャリアアップの夢絶たれ仲間と離れて、多少はやり辛いあろうなかでも、それなりに頑張ってる・・まぁ、グリッソムに対する興味・関心も手伝ってるのかもしれない訳ですが。犯人(彼女曰く「証拠」)を追っかける辺りがアクティブというか、怖いものしらず。

そんな現場で子供の死体を見つけるわ銃撃にあうわで、宿敵(?)ホッジスにマジで心配される位ヘコみ気味のグレッグ。でもまぁ、こうして場数踏んでくうちに成長して、一人前の捜査官になっていく訳で。しかし真面目な話、親は子の、(時々爆発や暴発はありますけど)基本安全な内勤のラボ要員から、犯罪(者)に直接接する=リスクの多い現場捜査官への職務変えを、喜ばないだろうな・・と。

「誰かがやらなきゃいけないこと」ではあるけれど、「私の子がやらなきゃいけないこと」ではない・・ってのが、(勝手だろうとも)親の理論。現実に、こういう内勤→捜査官への転身をはかる人、親に反対されそう。まぁ、たとえ親が反対しても結局最後は本人が決めることですけどね。

「グリッソムなら・・」と持ち出してキャサリンに怒られるウォリック。確かにあの場面、キャサリンのが筋は通ってましたな。何かしらあったら・・それも、内輪の警官とモメたというなら、直属の上司には報告しとかないと。知らなかったら上司が恥をかく&管理能力を問われる訳で。

ウォリックといえば(今に始まった話ではないですが)今回も胸元拡げて無駄にセクシービームを放射してましたね。

まだ不慣れな主任業でイラつき気味のキャサリンを気遣うグリッソムが素敵。ブタの胎児・・(笑)

事件そのものは、子供を餓死させる+人違いで逮捕の青年が濡れ衣きせられる為に脳死に追い込まれる・・というどっちも陰惨きわまりない事件・・。特に子供の事件が、もぅ・・。

死んだ子は本当に気の毒でしたが、サラ達の懸命な捜査で、辛くも兄2人は救えたのがせめてものなぐさめ。こういう瞬間にこそ、しんどいことも多いですが、捜査官としてのやりがいを感じるんでしょうね。

それにしても、銃に何かついてる・・と思ったらンコでしたかーっ!ンコ暴動に始まり、ンコ証拠に終わった、留置所事件・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]