忍者ブログ
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「10-7」

1と2のシーズンフィナーレは各々、仕事納め?的なほっこり感があったような気がしますが、今回の3は・・。

カリーはひどい目にあって辞職を考えるようになってしまうし、デルコは、ウルフがインタビューを受けてるのを見て「ケッ」って感じで立ち去ってしまう・・その後でウルフが、「仲間の活躍があったから・・」と肝心なことをゆってるのを聞かないまま・・。そしてホレイショは、愛する家族と呼べる人が全員、異国へ去ってしまう・・。

勿論、その手はずを整えたのは彼自身ですし、ここで家族が危険だというなら、異国で安全に、幸せに暮らすことをこそ、彼は願ってる訳ですが・・。彼が家族に支えて欲しい時はどうなの?と。いつもいつも、相手のことばかり考えて、自分のことは考えなさ過ぎな彼。会えなくても、離れていても、愛する家族が幸せだという事実それだけで、心は満たされる・・今日も生きていける・・ということなんでしょうけど・・。

ヘイゲンが自殺するのは知ってましたけど、あんなことが引き金だったんですね。もっと、巨悪と裏で繋がってて、そのせいなのか・・と思ってたのに肩透かし。勿論、証拠を独り占めしたのは辞職に相当する罪でしょうし、カリーに対する殺人未遂はもっと重い罪・・実刑は免れなかったでしょうけど。

子供の頃の夢とは、あまりにも違い過ぎてしまった自分・・。その、隔たり・・差異を、自分で許せなかった・・ということ?そして、生きることを・・罪を償って出直すことを考えるには、彼は知り過ぎていた・・疑われ、色眼鏡で見られた中でやり直すことの難しさを・・。

昔、子供の頃、田宮二郎はなぜ、猟銃で自殺したのか父に訊いた時の彼の見解を思い出した(←そんなことを訊く私も私ですが、答えた父も父だ) 父曰く「ドラマの中で天才外科医を演じていても、現実の自分はしがない俳優。その、役柄と現実の乖離に、精神が耐えられなくなったのではないか」と、そういう趣旨のことを言ってました。「役(柄)に(心を)喰われた」というか。

女キャスターに対して迂闊過ぎるウルフ。ヨウ化カリウムなんて言っちゃったら「放射能」って分かっちゃうでしょ!(もしかして彼女に気があったんでしょうか・・?) ベガスでもニックが「殺し部屋」を漏らしちゃったことがありましたが、あれはマスコミでもなんでもない旧友相手でしたもんね(起きた結果も段違いですし) マスコミに直接漏らしちゃうウルフはかなり「残念な子」ってことになっちゃいますよ!(そこがかわいい?のかもしれませんが・・う~ん、ビミョー)

ホレイショのパートはともかく、その他はいくら何でも後味悪い・・カリーみたいないい子がなんでこんな、辛い思いをせなあかんのか?なんでここまでウルフをKYに描いてデルコといがみ合わせたいのか?

マイアミ製作陣の考えることが、マリー・セレスト号事件並にミステリアス・・訳分かりません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]