忍者ブログ
[145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Hell Night 」(そのまんま)

冒頭、バスで移動する重苦し~い集団・・「私語は禁止です」って、一体何じゃらほい・・とひきつけられます。彼らは陪審員で、事件現場である被害者(妻)&被告(夫)の自宅を見に行ってた訳ですが、皆が発作を起こした陪審員NO7に気をとられているうちに、そこに同席してた被告が殺されるというとんでもない事態に!

現場で遺体を検死するアレックスとウルフの会話で、その事件はもともとスピードルが担当してたということが分かる・・(泣) 彼が担当して、まだ最終的な判決が下りていない・・「終わっていない」事件は、彼が生きた「痕跡」は、こうしてまだ在るというのに、彼の人生は「終わっている」・・彼自身はもう、この世の何処にも存在していないってのが・・(哀)

周囲が皆、スピードルのことを引きずってる、そういう場所に(自ら志願したこととはいえ)飛込んできたウルフも勿論いろいろと大変でしょうけど、優秀なら+いい奴なら、そのうち認めて貰える・・やはり、亡くした仲間への想いを引きずり続けなきゃいけない、元からいた連中のが層倍大変・・辛いよなぁとしみじみ。

それにしても、アメリカの陪審員って大変・・負担が大きいんですね。勿論、あの犯人の場合は極端な例なのかもしれませんが。日本でもじき、裁判員制度でしたか、始まる訳で、アメリカの制度とはいろいろ異なるでしょうから一概に一緒だと決め付ける訳にはいきませんけど、なにかしら困ったことは起きそうな・・。

あの少女、母を殺したことで、結果的に父まで失ってしまった訳で・・。浮気者の父のことはそう、愛してなかったふうでしたが、それでも父は父・・。母のことだけでなく、父のことでも自分を責めるようになるんでしょうか・・。

もういっこの筋はなんと!ホレイショの甥っこ・レイモンドJrが殺人の容疑者になってしまうというとんでもない事態に。

レイの子役が前と違う~!いくら何でも前の子と人相違い過ぎっしょ!同じ第3シーズン中で子役変えるっちゃーどういう了見よ!という感じ(まぁ、前の「極悪弁護人」ん時はちらっとしか映ってなかったとはいえ)

最後にレイを迎えにきた、リックの私服姿がなんか変・・そういや、前ん時も私服姿でしたね。

変といえば、タイラーの髪型はやっぱり変だ!(←しつこい) 短くし過ぎ~。

今回は、文字鑑定の女の子、証拠品保管担当(?)の女の子等のサブレギュラーが出てた・・文字の子がシンシアで(←作中で名前呼ばれてはなかったと思いますが)、証拠品の子がポーラか・・覚えたぞ!ちなみにポーラ役の人は、ベガスの「殺人依頼 第三の犯行」で、車の中から死体でグリッソムに倒れこんできた女性役もやってたそうで。そういや、金髪でしたね。

不良に撃たれて死んだホームレスのおじいちゃん役の人は、ちょい役でTOS(元祖スタートレック)に4話ほど出てた人だそうで。「宇宙基地SOS」のロミュランクルーとか(ヘルメットかぶってた人かしら・・)

そういえばリック役の人って「ゾディアック」出てたんですね。全然気付きませんでしたわ・・。

今回登場の美人検事が、今後ホレイショと何かあるんでしたっけ?どこまで進むんでしょう。一度位、「ホレイショ」として上半身脱いだとこ見てみたいので、行くとこまで行って欲しいものですが・・まぁ無理でしょうね・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
AXN視聴ベースで感想書いてます。ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
曜(よう)
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞。お絵描き&小話執筆。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
最新コメント
[06/01 曜]
[05/28 なー。]
フリーエリア
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]